So-net無料ブログ作成
韓国南北境界線 ブログトップ

DMZツアー(鉄柵線トレッキング体験) [韓国南北境界線]

trakingdmz.jpg 
予約
北朝鮮と韓国の冷戦状態の現実と緊張感を最も近くで感じられる
韓国と北朝鮮は現在も未だ冷戦状態であり、江原道の北側から京畿道の北側を通り仁川広域市の北側の北緯38度線には、非武装地帯であるDMZと民統線があります。1953年の休戦協定によって、北朝鮮と韓国に約2kmずつの4kmに非武装中立地帯が出来ました。この4km間は誰も立ち入る事が出来ず南北両者、軍事境界線からの睨み合いが現在も続いています。DMZは、まだまだ緊迫した場所ではありますが、1998年には、海外からの観光客の方達にもこの冷戦状態だと言う緊張感と平和を祈る場所で、色々な事を学べ感じれるツアー等が出来始めました。その中でも、(ヨンチョン)郡にあるDMZ鉄柵線沿いを約1㎞、実際に歩き、分団された韓国と北朝鮮の張り詰めた緊張感と現実を肌身で感じることが出きるツアーは色々と考えさせられます。最初に向かうヨルセ展望台は、陸軍上昇のヨルセ部隊が北朝鮮の領域を見渡せ、安保教育や望郷の思いを慰める場所です。この場所から、分団線とすぐ近くには北朝鮮、そして、冷戦状態であると言う現実を感じる事が出来ます。2階が一面見渡せる展望台と教育の場になり、1階は分団の歴史や兵士達の生活等が展示されています。展望台を見学し終えた後、鉄柵に平和や統一を願うリボンを結び、約1㎞鉄柵線を歩きます。鉄柵線沿いは、武装した南北の若い兵士達が24時間体制で警備しています。鉄柵沿いは、歩くだけでもかなりの緊迫感を感じられます。そのため、写真は決められた場所での撮影のみ、自由行動は一切禁止の団体での行動と厳重されています。次に向かうのは、ヨルセ展望台から約20分の駅のすぐ横に位置する文化財でもある給水塔です。給水塔は、ソウルから元山(ウォンサン)を運行する京元電鉄線の丁度中間地点に位置し、ここで蒸気機関車が給水していたそうです。現在まで残された貴重な文化財を見た後、韓国牛専門店のお店でプルコギ定食を食べて終了となります。DMZの中でも、最も緊迫した雰囲気を味わえる鉄柵線トレッキングや川郡に残された文化財を見るツアーは、きっととても深く貴重な思い出になるでしょう。 
以上トラベルノトがおえしました。
、ユトラベルノトでは随時国情報募集しております。
上記URLにてみんなで情報交換しましょう^o^

nice!(0)  コメント(0) 

板門店 ツアー 一覧 [韓国南北境界線]

jsa.jpg 
予約
自由と平和の大切さを敎えて悟らせるところ、板門店 板門店はほかの觀光地とは違って世界唯一の東西冷戰の緊張の對立の史現場だであって全ての人人に自由と平和の大切さを敎えて悟らせるところです。板門店共同警備區域はUNC警備大隊の嚴しい警備の中で,南と北が交差しながら,觀光が行さわれています。ロッテホテル集合の日帰り板門店ツアーへ行きませんか?
※ 板門店ツアー(JSAツアー)の利用方法
板門店トラベルセンターコース : 火~金出発
中央高速コース :火~金出発
大韓旅行社コース : 火~金出発
国際文化サービスクラブコース : 土曜出発+ロッテホテル明洞出発 
以上トラベルノトがおえしました。
、ユトラベルノトでは随時国情報募集しております。
上記URLにてみんなで情報交換しましょう^o^

nice!(0)  コメント(0) 

DMZツアー(非武装地帯 第3トンネル+トラ展望台) [韓国南北境界線]

dmzpickupcouse.jpg 
韓国は現在世界で唯一の分断国家です。1945年第二次世界大戦終結後、一つの国家として統一されたのも束の間、1950年に38度線を境に、韓国にはアメリカ、北朝鮮にはソ連が介入しての代理戦争が始まりました。イデオロギーの衝突によって同じ国民同士が争い、多くの人が血を流しました。惨劇は3年後の1953727日に結ばれた休戦協定によって終結、以降朝鮮半島は休戦ライン(38度線)によって南と北に分けられました。その休戦ラインの南北2キロがDMZdemilitarized zone/非武装地帯)となり、誰も踏み入れられない地として50年の月日が経ちました。当初の一触即発の緊張状態も時とともに少しずつ和らぎ、1998年についに、DMZを公開するツアーもできるようになりました。緊張と平和が共存するDMZツアーには分断国家の現実を肌で感じようとする外国人観光客が数多く参加しています。最初に向かう「第3トンネル」は、休戦協定締結後にも関わらず、韓国に攻め入ろうとして掘った地下73mにある北朝鮮の秘密トンネルです。第一トンネルは1974年に発見され、第二は1975年、第3トンネルは1978年に発見されました。現在は第四トンネルまで4つが発見済みです。京畿道坡州市で発見されたこの第3トンネルは、当時の北朝鮮の最高指導者、金日成の直接命令で1971年からトンネル発掘を開始しました。第3トンネルはソウルから一番近いトンネルで板門店から3kmしか離れておらず、北朝鮮が韓国に侵入するために掘ったトンネルの中では一番大きな規模です。このトンネルを使って、一時間に3万人の兵士を送り込むことができるといいます。1974年、北からの亡命者によってトンネルの存在がわかり、1978610日に第3トンネルは軍人によって発見され、80年代から見学が可能になりました。この次に向かうのは韓国最北端の展望台、都羅展望台です。ここから北朝鮮がもっとも近くに見えます。JSA板門店はもちろん、開城にある現代グループ開発の工場、金日成の銅像などを見ることができます。展望台から降りたら、次に都羅山駅に向かいます。韓国最北端の駅であり、平和と統一の願いが込められた北と南をつなぐ未来の駅です。都羅山駅を見学した後、統一村のマーケットで北朝鮮産のお土産などを見て終了となります。長い月日分断された国と国が痛みを乗り越え統一を願う姿を見ながら、今ひとたび、共存の道について考えさせられるツアーです。

以上トラベルノトがおえしました。
、ユトラベルノトでは随時国情報募集しております。
上記URLにてみんなで情報交換しましょう^o^

nice!(0)  コメント(0) 

板門店ツアー(JSAツアー) [韓国南北境界線]

板門店ツアー(JSAツアー)

 

1126.jpg

 

http://www.utravelnote.com/

 

板門店はほかの観光地とは違って世界唯一の東西冷戦の緊張の對立の歴史現場だであって全ての人々に自由と平和の大切さを教えて悟らせるところです。板門店 共同警備區域はUNC警備大隊の嚴しい警備の中で,南と北が交差しながら,観光が行さわれています。ロッテホテル集合の日帰り板門店ツアーへ行きません か


nice!(0)  コメント(0) 

板門店ツアー(JSAツアー) [韓国南北境界線]

板門店ツアー(JSAツアー)

jsa.jpg  http://www.utravelnote.com/板門店はほかの觀光地とはって世界唯一東西冷戰緊張對立史現場だであってての人人自由平和大切さをえてらせるところです。板門店共同警備區域UNC警備大隊しい警備で,交差しながら,觀光さわれています。ロッテホテル集合板門店ツアきませんか

* 注意事項
.板門店ツアには必ずパスポトを持してください。
.業服、ジンズやレザの服(全ての色)、サンダル、半ズボン、ミニスカト、袖なし襟なしTシャツ、 派手な服、身体に密着する服、軍服スタイル、トレニングウェア、スリッパなど不可。
3軍事境界線という特殊地域のため、急に予定が更になる場合がございます。板門店では、本議場に入れない等コスの一部が更、中止になる場合がございます。板門店ツアが万が一中止になった場合は全額ご返金させていただきます。
4.次の籍の方は、板門店側の規則により非常にしい審査があるため、現在では受け付けておりません。(在日韓人のぞく)、ロシア、キュバ、アフガニスタン、シリア、リビア、イラク、イラン、パキスタン、スダン、マレシア、ベトナム、中、香港、台、朝鮮】
5.籍の在日韓人の方は、「在外民登謄本」と「外人登証」を日必ずご持ください。日本の韓領事館にて行可能です
nice!(0)  コメント(0) 
韓国南北境界線 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。